楽天カードでキャッシングができない時、考えられる理由はコレ!

楽天カードでなぜキャッシングができないのか?

クレジットカードの機能として、意外に便利なのがキャッシングです。急な出費に迫られた時に人に借りることも難しく、また新たに消費者金融やローン会社にキャッシングの申し込みを行うのは手間もかかりますし大変ですよね。

 

 

と言った場合に、もしも作っている楽天カードがキャッシング可能の場合、非常に助かるのではないかと思います。もちろん楽天カードでもキャッシング機能はあります。

 

 

しかし場合によっては契約していてもキャッシングできない場合があります。またいつも使えていたはずのなのに、急に「なんでキャッシングができないか?」となったりするケースもあります。

 

 

実は意外なことが原因だったりするのですが、今回はそのあたりの事についてお話ししたいと思います。

 

 

楽天カードでキャッシングができない理由

限度額がオーバーしている

 

まず可能性があるのはキャッシングの限度額オーバーによる停止です。楽天カードだけでなくクレジットカードにはどんなカードでも限度額があるのはご存知ですよね。

 

 

ご契約している楽天カードは、ショッピングもキャッシングも可能だという契約だったとした場合、全体の限度額の設定金額とそれぞれのサービスの限度額の設定金額が設けられています。

 

 

ポイントとして「全体でいくら利用できるか?」というのが一つのポイントとなってきます。例えば総額30万円の限度額が設定されている方だと仮定しましょう。

 

 

ショッピングの限度額設定金額は30万円、キャッシングの設定金額が10万円だとします。この場合、キャッシングは絶対に10万円利用できる、という訳ではございません。

 

 

例えばこの方の現在の利用状況がショッピングで15万円、キャッシングで5万円だったとします。トータルで使っている金額は20万円になりますよね。

 

 

ということは残り10万円の限度額まで利用が可能な判断ができます。個別に見ると、まだキャッシングは5万円の利用枠があることになります。

 

 

ところがキャッシングの利用前にショッピングをしてしまい、その利用金額が10万円だった場合、利用総額が30万円になってしまいますので、単純に利用総額30万円に対して、すでに限度額を全て使ってしまっていることになります。

 

 

ということは、例えキャッシングの利用枠が残り5万円だったとしても、実際キャッシングできるお金はありません。

 

 

では逆の場合はどうか?先ほどキャッシングの利用前にショッピングで10万円使ったことを書きましたが、では先にキャッシングを5万円したとします。

 

 

この場合、キャッシングで5万円を借りることは可能ですが、5万円分の枠を利用してしまっているので、残りの限度額は5万円となります。ショッピングの可能額が残り5万円、キャッシングの可能額は残り0万円ということですね。

 

 

また限度額がいっぱいの場合は、繰り上げ返済によって枠をあけることも可能ですので、楽天カードの一括返済方法などを参考にしてみてください。

 

 

カードの暗証番号を忘れている・入力ミス

 

楽天カードをそのままATMなどに挿入すればお金を借りることができる、という訳ではなく、カードを挿入すると暗証番号の入力を求められます。

 

 

4桁の暗証番号となるのですが、この暗証番号を忘れた!という方はキャッシングをすることができません。暗証番号の入力ミスなども当然ですね。

 

 

しかし楽天カードは暗証番号の確認を簡単に行うことができるので、安心ですね!

 

 

<暗証番号の確認方法>

 

 

また暗証番号を何度も間違った場合、場合によってはカードの利用ができなくなってしまう恐れがありますので、必ず確認してから利用をすることをお勧めします。

 

 

キャッシングを申し込みしていない

 

この件については楽天カードを申し込みする際、まず契約申込書でキャッシングの希望を行うかどうかを選択することができるはずです。そこで希望をしなければ、カード作成時にキャッシングの機能をつけていないことになります。

 

 

その後、カードを利用していて新たにキャッシングのサービスを希望される場合は、楽天カードのキャッシングに関する審査を受けないといけません。申し込みはe-NAVIなどで簡単に行うことができますが、審査がありますので注意してください。

 

 

申し込みの流れは、まずe-NAVIへログインをします。続いてアイコンの「キャッシング」をタップ。

 

 

 

 

キャッシングの申し込みがまだな場合、以下のようなコメントが表示されていますので、申し込みボタンより手続きをします。

 

 

 

 

審査が行われ無事承認されれば、規定の限度額までキャッシング機能が利用可能になります。

 

 

総量規制にかかってしまった

 

総量規制とは、単純に借りることが可能な金額は年収の1/3までしか借りれませんよ、という貸金業法です。ですので年収300万円の方なら、約99円以内までしか借りることができません。

 

 

ちなみに住宅ローンなどは総量規制の対象外となっており、対象となるのは消費者金融など銀行系以外の借り入れが対象となっています。

 

 

ですので、楽天カード以外でキャッシングの額が増えてしまうと、総量規制に引っかかりますのでお借入れの制限などの対象になるケースがあります。

 

 

じゃあショッピングのリボ払いなども総量規制に入るのか?と疑問があると思いますが、ショッピングのリボ払いや分割払いは総量規制の対象外となっております。

 

 

カードの読み取り不良

 

楽天カードの裏面には磁気の帯でできた部分があるのをご存知でしょうか?その磁気の部分にはカードの利用情報等、大切な情報が記録されています。

 

 

かなりデリケートにできている部分なので、カードの折り曲げや落としたりなどなんらかの衝撃を与えた場合、磁気情報が破損してしまうことがあります。

 

 

また、先ほどからお伝えしています通り磁気でできているので、磁石やテレビなどの強い磁気を帯びたものの近くに置いたりすると磁気情報が破壊されてしまう可能性が高くなります。

 

 

私の経験談ですが、昔某大手レンタルショップにて、カード払いで支払いを済ませた時、盗難防止のカバーみたいなものを外す磁石がある上にクレジットカードを置かれた時がありました。

 

 

一瞬不安に思ったのですが、不安は的中。その後コンビニで買い物をカードですると、利用出来なかったです。

 

 

ちなみにレジでクレジットカードを店員さんがスライドをしてカードの利用をすると「ピッ」という音とがなると思いますが、この音が鳴らなかったのを覚えています。

 

 

このようなことが起こりますと、実際にカード利用をしようとすると磁気情報のエラーが起きてしまい、読み取りを行う端末で利用ができなくなってしまいます。

 

 

滞納などでカードの利用ができない

 

あってはならないことですが、一定回数または過去の支払状況による影響で、滞納をしている情報が反映されてしまっているとカードの利用が止められている可能性があります。

 

 

もしそのような事態でカードの利用を停止されてしまっていると、当然カードでのキャッシングもできなくなってしまいます。また、このような問題がある場合、楽天e-NAVIではエラーが表示されたりもします。

 

 

ご自分がそのような事態を避けるには、常日頃からカードの利用状況をきちんと把握して、口座への引き落とし金額の入金もきちんと行い、支払いの段取りに間違いがないようにしましょう。

 

 

また楽天カードの支払日などを理解していないと「ついうっかりしていて支払いが滞っていた」ということになりかねませんので、きちんと知っておくといいでしょう。

 

 

<参考ページ>

 

 

引き落とし口座が未登録

 

楽天カードでは新規でカードの利用申し込みを行った場合、利用金額の引き落とし口座の登録が必要ありません。引き落とし口座が未登録状態でカード利用をした場合は、利用明細書と利用料金払込票が郵送されてきます。

 

 

ショッピングでの利用であればこのような対応となりますが、キャッシングの場合は引き落とし口座の登録がなければ利用できないようになっています。

 

 

ですのでキャッシングを希望の場合は、まずは口座振替手続きを行う必要があります。主に口座の引き落とし手続きは楽天e-NAVIから行えます。

 

 

ATMが利用時間外

 

キャッシングをする為にはATMなどを利用してキャッシングをしますが、24時間利用できる訳ではございません。これはATMによって異なりますので気をつけましょう。

 

 

例えば代表的なセブン銀行のATMでは、0:10〜23:50の間のみ可能となっており、それ以外の時間帯(23:50分からの約20分間)はお取引ができないのです。

 

 

キャッシングの審査に落ちている

 

そもそも論になってしまいますが、キャッシングの審査に落ちてしまっている場合は、もちろんキャッシング機能は利用することはできません。

 

 

キャッシングをしたいのでe-NAVIより申し込みをした、コレで完了!即利用!という訳ではなく、当然ですが審査がありますので少し時間がかかる場合もあります。

 

 

また審査ですが、他社からの借り入れや収入状況によっては審査に落ちてしまう可能性があります。また学生・主婦の方は基本的にキャッシングの審査を通過するのは厳しいでしょう。

 

 

理由としては専業主婦などは収入が0ですし、学生さんもバイトなどをしていない状況では収入が0ですよね。収入がない状態ではキャッシングを利用することはできないのです。

 

 

まとめ

以上のように、キャッシング機能が利用できない場合はいくつかの理由が必ずあります。中でも結構多い原因が、限度額の勘違いによりキャッシングができないことです。

 

 

本当に必要な時には非常に便利なキャッシング機能ですが、利用したいと考えている場合は、絶対に必要な条件と内容または現在のご自分のカードの利用状況等ををまずきちんと確認してください。

 

 

またキャッシングをしたい場合は、あらかじめ申し込みを行う必要がありますので、申し込みをしていない状態では利用することはできないので、必ず申し込みをしましょう。

 

 

このようにキャッシングができない理由はさまざまありますが、最終的に解決できない場合はコンタクトセンターに相談するのもいいかもしれないですね。

関連ページ

楽天カードのキャッシング返済方法まとめ!ATMや一括返済など出来る?
楽天カードでキャッシングをした場合の返済方法はどのような方法があるのかについて解説しています。実際は様々な方法によりご返済を行うことができますので要チェックですよ!