楽天カードの限度額は最初いくら?また100万円以上など変更できる?

楽天カードの限度額は多い?少ない?

楽天カードを作っても最初は限度額いくらぐらいからスタートになるのか気になりますよね。また楽天カードを作ったけど、限度額が低い!と納得できない方もいるでしょう。

 

 

また最初から限度額は多い方がいいので、どうすれば限度額を変更できるか気になるところだと思います。そこで楽天カードの限度額について様々なことを書いてみました。

 

 

楽天カードを作った時の限度額は?

楽天カードの限度額は本当皆さんいろいろな限度額となっており、最低で5万円以上から、最高では最初から100万円の限度額になっているパターンなど様々なパターンがあります。

 

 

初期限度額はカード会員の信用力によって異なります。フリーターの方、専業主婦の方より会社員のほうが信用力が高いと判断できますよね。

 

 

会社に勤めている方の場合、楽天カードの初期限度額は50万円から100万円が目安で、会社員より信用力が下がるフリーターの方、専業主婦の方の場合、最高30万円ほどの初期限度額が目安となります。

 

 

学生の方はさらに低い最高20万円ほどの初期限度額を目安にすると良いでしょう。一定以上の年収を得ている会社員の方の場合、限度額100万円でスタートする事があります。

 

 

通常のクレジットカード利用なら充分すぎる限度額と言えるでしょう。またこれは噂ですが、楽天のサービスを頻繁に利用していると限度額も満足できる額になりやすいとか。

 

 

例えば楽天市場の会員ランクなど高い方が良い、という話も聞きます。本当のことは分かりませんが、最初から限度額が高い方の話を聞くと楽天市場など関連サービスを常に使っている人が多かったです。

 

 

楽天カードの最大の利用限度額って?

 

先ほど楽天カードの初期限度額は最高100万円と言いました。しかしあくまでも初期限度額であり、最高300万円まで限度額が上がる可能性があります。

 

 

楽天カードを普段から利用している方で、長期間の利用、滞納もなく利用状況が良い方は、100万円から自動的に200万円になった、という方もいます。

 

 

また増枠を申請して利用可能額が上がった人もいます。ですので利用限度額は勝手に上がる人、また増枠申請によって上がる人の2パターンあるということですね。

 

 

但し、既に100万円の限度額が設定されている場合は「楽天e-NAVI」より増枠申請ができない仕組みになっています。もし100万円以上の増枠申請をしたい場合は電話で行う事が必要です。

 

 

最高300万円ということでステータスの高い楽天プレミアムカード並みの最高限度額となりますが、300万円まで上げるには高めのハードルをクリアしないといけません。

 

 

増枠審査もその分だけ厳しくなるため、自分の信用力に自信が付いてから申込みしたほうが良いでしょう。

 

 

利用限度額を上げたい場合はどうする?

ではどうやって限度額を上げるのでしょうか?先ほども少し説明をしましたが、ココでは限度額を上げる方法を詳しくご紹介してきます。

 

 

カードを使って利用実績を作る

 

一番基本的なことですが、楽天カードを常に利用してきちんと支払いなど延滞などなく行い実績を積み上げていくのがオーソドックスな方法でしょう。

 

 

利用状況が良ければカード会社もどんどんカードを使ってもらいたいと思い、利用限度額の引き上げなども行ってくれるでしょう。限度額がアップする場合「カード増枠のお知らせ」など連絡が届くはずです。

 

 

この場合、カード会社が勝手に引き上げを行ってくれるので、楽ですし増枠をして審査落ち…という心配もありませんので一番楽な方法になるかもしれません。

 

 

但しこの場合は実績を作る為に数年など時間がかかってしまうこと、限度額が100%上がるかどうかは分からないことがデメリットだと言えます。ですので急な出費などで利用可能額を増やしたい!という方は不向きな方法でしょう。

 

 

増枠・一時増枠で限度額を上げる

 

楽天カードの20万円や30万円の限度額では足りない場合、増枠して貰う方法があります。ですが注意点として、増枠は楽天カードを作ってから6ヶ月以内は申し込みできません。

 

 

増枠して貰いたい時は「楽天e-NAVI」にログインし「利用可能枠の増枠」より申請して下さい。審査に通過すると増枠が認められますが、審査に落ちた時は増枠却下となりますので注意が必要です。

 

 

ちなみに前回の増枠申請から6か月以上経過していないと、次回の増枠申請が受付されない点も注意が必要です。「増枠して貰ったけどまた足りなくなった」という時は6か月過ぎるまで増枠申請を待ったほうが良いでしょう。

 

 

また一時増枠という方法もあります。「海外旅行に行くため楽天カードを持参するけど20万円の限度額では不安」「海外から帰国後は限度額が元に戻っても構わない」そんな時は一時増額などを行うといいでしょう。

 

 

一時増枠でも審査が行われますが、一般的な増額より敷居が低くなっています。審査結果もスピーディーに出るため、海外出発日まで後少しといった時にも便利です。

 

 

増枠・一時増額について詳しい情報はこちら

 

 

 

「増枠すると使い過ぎが心配」という方も一時増枠のほうが良いでしょう。一時増枠も「楽天e-NAVI」より申請する事が可能です。

 

 

しかし既に最高限度額が設定されている場合、「楽天e-NAVI」より一時増枠申請してもエラーが出ます。もしエラーが出た時は楽天カードコンタクトセンターへ電話すると対応が受けられる事があります。

 

 

現在の楽天カードの限度額をチェックする方法

楽天カードを見ただけでは限度額が分かりませんよね?自分の限度額が現在いくらなのか知りたい時は楽天カード会員用の「楽天e-NAVI」にログインして下さい。

 

 

画面左上の三本線のメニューから「お支払い(ご利用明細)」をタップするとご利用可能額の照会という欄が出てきますので、ここから確認することが可能です。

 

 

 

 

無駄遣いしないためにも、事前に限度額がいくらなのか確認しておきましょう。また、限度額以外で「利用可能額」はe-navi以外でも確認可能です。自動音声専用ダイヤルで確認できます。

 

 

限度額と利用可能額では意味が違うのを知っていますか?限度額−残高=利用可能額となっています。限度額50万円、残高30万円の場合、利用可能額は20万円となりますよ。

 

 

この利用可能額は楽天カードの自動音声専用ダイヤルにて確認する事が可能です。自動音声の指示に従って操作するだけのため、初めてでも簡単です。

 

 

心配な方は限度額を減額する事も可能!

 

楽天カードの限度額は減額する事も可能です。「一般的な増額申請を行ったけど使い過ぎてしまうので減らしたい」「限度額が高いと不正利用された時が心配」そんな時は減額申請してみては如何でしょう。

 

 

減額申請も「楽天e-NAVI」より手続きが簡単に行えます。増額申請の時と違い、減額申請では審査がありませんので却下されるかどうか気にせずに済みます。

 

 

ただし減額された後の増額は審査に通過する事が必要です。良く検討してから減額申請したほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

ここまで楽天カードの限度額について説明してきました。楽天カードを作った時、最初の限度額については人によって差があり、最初から限度額が多い人もいれば少ない方もいます。

 

 

限度額を増やしたい場合は、利用実績を積んだり増枠申請などで増やすことも可能です。また楽天カードの初期限度額は最高100万円ですが、場合によっては最大300万円まで上がる可能性があるカードです。

 

 

さすがに300万円の限度額となっている人は少ないと思いますが、ここまで限度額を増やすことができるのであれば、楽天カード1枚で十分にやりくりすることが出来るでしょう。

関連ページ

楽天カードはいつ届く?申し込み後、到着までの日数はどのくらい?
楽天カードがいつ届くか分からない!カード到着までにかかる日数などを知りたい!という方に実際かかった日数について書いてみましたのでご参考にしてください。
楽天カードの受け取りを本人以外でする方法は?また本人確認はある?
楽天カードを本人以外の家族などが受け取る場合はどうしたらいいのかについて書いてみました。また受け取りの際に本人確認はあるのかないのか、この点についても紹介してみます。
楽天カードをゴールドなどに切り替えできる?やり方は簡単?
楽天カードの切り替えについての情報をご紹介しています。ゴールドなどのカードに切り替えをすることはできるかどうか分からない場合は是非参考にしてください。また切り替えの方法についても簡単ですが解説しております。
楽天カードは無職の学生でも作ることができるのか調べてみた
楽天カードは学生が作ることはできるのか?または収入がない状態でも作ることはできるのか?など様々な疑問を解消できるように情報をまとめてご紹介しております。
楽天カードの2枚目を持つには条件がある!申し込み方法は簡単?
楽天カードを2枚持ちたい!と思っている人は多いと思いますが、実は2枚持ちをする為には条件がありますので2枚持ちの条件について解説しています。また申し込み方法についてもご紹介していますので申し込みの際に参考にしてください。