楽天カードは無職の学生でも作ることができるのか調べてみた

楽天カードを作りたいけど学生では無理?

楽天カードは楽天ポイントが貯まりやすいので、若い学生さんも楽天カードが欲しい!と思っている人も多いでしょう。そこで申し込みしたい!となるけど色々と気になることがあると思います。

 

 

例えばそもそも学生はクレジットカードを作れないのでは?とか収入が0円だから絶対に無理!とか申し込んでも審査落ちするのでは?などなど気になる事はたくさんあるでしょう。

 

 

そこで今回は学生さんが楽天カードを持つことができるのか調べてみました!どんな方が作れるのか、また申し込みの際の注意点など幅広くご紹介しております。

 

 

楽天カードは収入がない学生でも作れる?

 

楽天カードに申込みした後に行われるのが入会審査です。この入会審査を受けるには最低限、次のような申込み条件をクリアしないといけません。

 

 

年齢18歳以上(高校生は除く)
主婦/パート/アルバイトの方でも申込み可

 

 

高校生は除くですので学生さんでも残念ながら高校生は楽天カードを持つことができません。しかし大学生になると18歳以上なので持つことができます。また気になるのが収入ですよね。

 

 

一般的にクレジットカードの入会審査をクリアするには一定以上の収入が必要ですが、楽天カードでは収入のない学生や主婦でも作ることが可能です。ですので「バイトをしていない」大学生の方も申し込みすることが可能です。

 

 

申し込みについては以下のページで詳しく解説しておりますので、ご参考に。

 

 

 

ではなぜ本人に収入がなくても楽天カードが作れるのか、それは単純に「支払いできなくなっても親からの肩代わりが期待できる」というのが大きな理由になっていると思われます。

 

 

ですので、カードの限度額は少なめとなっています。これは仕方ないですが楽天カードを作れるだけでもいいですよね!ちなみに全く収入がないより、少しでも収入があったほうが入会審査は有利になります。

 

 

バイトで収入を得ている学生の場合、入会申込み時に収入として申告して下さい。専業主婦の場合は入会申込み時に配偶者の年収について申告しておきましょう。

 

 

ちなみに楽天カードを作ったらいつ頃に届くか気になりませんか?そんな時はこちらのページで確認してみてください。

 

 

 

またカードの受け取り方法なども併せて見ておくと、スムーズに受け取りをすることができると思いますので、こちらもどうぞ。

 

 

 

未成年がカードを作る際の注意点

先ほども説明をしましたが楽天カードは高校生を除く18歳以上なら持つことができますので、未成年でも楽天カードを持つことができるのですが注意点があります。

 

 

それは「未成年者は親権者の同意が必要」となります。これは楽天カードに限った話ではありませんが、基本クレジットカードを未成年の方が作る際は親権者の同意が必要になります。

 

 

同意が得られない場合は楽天カードの発行が出来ません。なぜ親権者の同意が必要なのか、それは判断力が未熟な未成年者を保護するためです。親権者の同意がない未成年者の契約は法的に取消しができます。

 

 

後で契約トラブルに繋がりかねないため、未成年者からの申込みがあった場合、カード会社ではきちんと親権者の同意を求めている訳です。親権者の同意は書面で形にするのが基本となっています。

 

 

この同意書には親権者のサインする欄、捺印する欄があるはずです。未成年者が親権者に内緒でサインと捺印を行い、クレジットカードに申込みしてはいけません。

 

 

それは虚偽申告となり、罪に問われる恐れがあるからです。借入目的のカードローン契約と違い、クレジットカードを作る目的であれば反対する親権者は少ないはずです。

 

 

クレジットカードが必要なことを親権者にきちんと説明すれば理解して貰える可能性は高いです。

 

 

家族カードで楽天カードを持つことも可能!

 

学生で収入がない状態で申し込みができる、とは言えやはり申し込みをする時はなんだか嫌な気分になってしまいますよね。「ひょっとして審査に落ちるのでは」と思ってしまう場合もあるでしょう。

 

 

そんな時は親が楽天カードを持っている場合のみの話ですが、家族カードの発行なども可能ですので検討してみてはいかがでしょうか。クレジットカード本会員の家族に発行されるのが家族カードです。

 

 

家族カードにも審査がありますが、本会員の個人信用情報をもとに合否を出しています。そのため収入がなくカードの入会審査に不安がある方でも家族カードなら作りやすいです。

 

 

ただし家族なら無条件で家族カードを作れる訳ではありません。楽天カードの家族カードには次のような申込み条件が付いています。

 

 

  • 生計を同一にする家族が対象
  • 配偶者、親、18歳以上の子どもが対象

 

 

収入のない学生でも本会員と生計が同一であれば楽天カードを持つことが可能です。ただし家族カードで利用できるのは本カードの利用可能額の範囲まで。

 

 

家族カードの請求は本会員に行くため、使い過ぎないように注意して下さい。また家族カードでもe-naviを別に利用できますので、別カードのような使い方ができます。

 

 

学生が楽天カードを作る際に気になることを紹介!

利用限度額はいくら?

 

一般的な楽天カードの初期限度額は最高100万円となっています。本人に充分な収入があり、信用力と支払能力の高い方であれば最初から100万円の限度額が設定されることがあります。

 

 

しかし学生の場合はまだ信用力と支払能力が低い状況で、特に無職で収入が無い状況ですと最初から100万円の限度額にする、というようなことはまずどう考えてもあり得ないですよね。

 

 

学生が楽天カードに申込みした場合、比較的多い限度額として最初は10万円ぐらいから、最高で30万円ほどの限度額が設定されると考えたほうが良いでしょう。

 

 

楽天カードの限度額が足りない時は少しずつクレヒスを積み上げてから増枠申請してみて下さい。ただ、増枠申請は入会6ヶ月以上経っていないと申請することができません。

 

<詳しくはこちら>

 

 

学生でも審査通過できないことはある?

 

当然ですが18歳以上の学生さんなら全ての方が作れる、という訳ではありません。きちんと入会審査があり、中には作ることができない人もいます。特にブラックリストに掲載されていれば作ることは難しいでしょう。

 

 

自分がブラックでなくても親がブラックリストに入っていると基本難しいです。クレジットやローンでは申込みがあると個人信用情報に照会をかけて申込み者の信用力を調べています。

 

 

ブラックリストは個人信用情報に登録されている金融事故のこと。主に次のような情報があるとブラックリストに掲載されている状況です。

 

 

  • 長期延滞(61日以上〜3ヶ月以上)
  • 代位弁済
  • 債務整理(任意整理や個人再生、自己破産など)

 

 

ケータイを購入する時の支払いには一括払いの他、分割払いがあります。このケータイの分割払いも長期延滞するとブラックリストに掲載される恐れがあるため注意して下さい。

 

 

またこのようなことはあまり学生さんには関係ないですが、他社借入が多いとカードの審査に悪影響があります。少ない借入額なら大きな悪影響はありませんが、多過ぎる借入がある時は注意して下さい。

 

 

個人信用情報には他社の借入残高も登録されるため、楽天カードの審査を受けた時に分かってしまいます。

 

 

キャッシング機能は使える?

 

楽天カードにはショッピング機能の他、キャッシング機能も付いています。キャッシングとはお金を借りることができるサービスで、なにかと重宝する時もあります。

 

 

クレジットカードでお金を借りることは少ないですが、楽天カードでは海外キャッシングにも対応しているため、海外旅行に出かけた時に便利な時があります。

 

 

しかし収入のない方がキャッシングするのは基本厳しいでしょう。それはクレジットカードのキャッシングでは総量規制の対象となるからです。総量規制では原則年収3分の1以上の借入はできないと定めています。

 

 

そのため楽天カードにキャッシング機能を付けるには収入が必要です。総量規制には配偶者と合算して年収3分の1までなら借入できる配偶者貸付と呼ばれる制度があります。

 

 

しかしこれは「専業主婦」など配偶者に限った話ですので、収入のない学生がキャッシングを利用するには、アルバイトなどで収入を得てから審査を受けるしかありません。

 

 

多重申込みに注意

 

短期間に複数のクレジットカードに申込みしてはいけません。それは多重申込みとなり、入会審査が厳しくなるからです。

 

 

クレジットカードの申込み情報も個人信用情報に登録されますが、この時に何社もの申込みがあると審査担当者への心証が悪くなってしまいます。

 

 

多重申込みを行う方には次のような傾向が見られます。

 

 

  • 他社の審査に落ちている
  • お金に困っている

 

 

上記のような方は貸し倒れのリスクが高いため、入会審査に落とす訳です。何社から多重申込みとなるのか、カード会社によって基準が異なるために一概には言えません。

 

 

一般的には3社以上で多重申込みになると言われています。個人信用情報に登録される申込み情報は6か月で削除されますので、他社にも申込みしている方は削除されるまで待ってから楽天カードに申込みすると良いでしょう。

 

 

どんなカードが作れるのか?

 

楽天カードには次のような種類があります。

 

 

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天銀行カード

 

 

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードといったステータスの高いカードの場合、収入なしで作るのは難しいので学生さん向けではありません。

 

 

ですので学生さんが申し込む場合は一般的な楽天カードか、楽天カードアカデミーに申込みをする人が多いです。このカードでも十分満足できるような使い方ができると思います。

 

 

楽天カードアカデミーと楽天カードの違い

 

楽天カードのランナップに「楽天カードアカデミー」という学生向けのカードが存在します。では普通の楽天カードとどう違うのか?気になりますよね。

 

 

そこまで目立った違いなどはありませんが、例えば一般の楽天カードと違い、学生専用の楽天カードアカデミーでは入会資格が学生であること、年齢は18歳〜28歳までに限定しています。

 

 

ですので大学生でも30歳などの場合は、楽天カードアカデミーに申し込むことができません。この場合、通常の楽天カードを申し込む流れになるでしょう。

 

 

楽天カードアカデミーの場合、学校を卒業した後は自動的に楽天カードに切り替わる仕様となっており、解約などの必要なくそのまま引き続き利用できるのが便利ですね。

 

 

そして大きな違いといえば楽天ブックス最大5倍、楽天トラベル3倍、楽天ダウンロード3倍でのポイント優遇が付いている違いがあります。ただ頻繁に利用しないと、楽天カードとそれほど差はありません。

 

 

またその他細かいところでは楽天カードでは家族カードの追加ができますが、楽天カードアカデミーには家族カードがなく、国際ブランドはMastercard、JCB、Visaと3種類ありますが、楽天カードアカデミーではJCB、Visaの2種類しかありません。

 

 

家族カードを持ちたい学生は一般の楽天カード、本カードを持ちたい学生は楽天カードアカデミーを選ぶと良いでしょう。また楽天カードアカデミーの場合、ご利用可能額は最高30万円となっております。

 

 

この辺りもそれほど楽天カードと差はないように思えますので、どちらがいいのか?となると好みの問題かもしれません。学生のうちからクレヒスを積み重ねたい時にも便利なクレジットカードですね。

 

 

学生が楽天カードに申し込む際の注意点は?

職業欄や勤務先に注意

 

楽天カードに申込む際に注意したいのが職業欄や勤務先です。クレジットカードの入会審査では勤務先への在籍確認を行っています。楽天カードでは殆どの場合で在籍確認が行われません。

 

 

勤務先に在籍確認の電話連絡がかかってくると困る方でも安心ですが、実際に在籍していない勤務先を申告しようとこのような事を考えてはいけません。

 

 

稀ではありますが楽天カードでは在籍確認の電話連絡を行う場合があるのです。クレヒスゼロの方にも在籍確認が行われることがあるため、職業欄や勤務先は正直に申告して下さい。

 

 

年収など嘘を書くのは駄目

 

収入があった方が審査に有利!しかし無職でバイトもなにもしていない…とこんな時に考え付くのが虚偽の申告ですね。本来は年収0なので、年収を100万円にするなどです。

 

 

しかし嘘がばれた場合はとんでもないことになったりしますので、決して嘘を入力するのはやめましょう。年収以外でも様々なところを審査していますので、学生で年収が0というのが理由で審査落ちということはまずないでしょう。

 

 

楽天市場の利用状況が影響?

 

楽天市場でお買い物した後の支払いに使いたいため、楽天カードに申込みするという方は多いのではないでしょうか。しかし楽天市場の利用状況が悪い場合、楽天カードの入会審査が厳しくなる恐れがあるとか。

 

 

過去に楽天市場で購入した商品を何度もキャンセルした、商品代金の支払い時にトラブルを起こしたなどの心当りがある学生は注意して下さい。

 

 

優良な利用状況であれば、かえって楽天カードの審査通過が有利になる可能性があります。

 

 

同一生計人数には注意

 

学生さんにはあまり関係ないかもしれませんが、注意したいのが同一生計人数です。同一生計人数が多いほど養う家族が多くなるため、必要な生活費も大きくなります。

 

 

同じ世帯収入である場合、同一生計人数が多いより少ないほうが楽天カードの審査に有利です。本人の生計が独立している場合、同居家族であっても同一生計人数に含めないほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は楽天カードは学生でも作れることを紹介してきましたが如何でしたか。楽天カードは学生もそうですが、収入が全くない無職の学生でも作れるクレジットカードとなっています。

 

 

ですので以前から作ってみたい!と思っている方は是非チャレンジしてみましょう。ですが学生でも高校生はそもそも入会資格がございませんので、作ることはできません。

 

 

また未成年者は親権者の同意が必要ですので、もし年齢が18歳・19歳だった場合は親に作る許可を取ってから作るようにしましょう。後でトラブルになってからでは遅いですよね。

 

 

カードの利用限度額やキャッシングの額は少ないとは思いますが、カードの利用実績を積んでいくと限度額もそのうちアップしますので、クレジットヒストリーを積むのにもいいでしょう。

 

 

最後に、ブラックリストに掲載されるような金融事故を起こしている方、もしくは親がそのような状態の方はカードを作ることは厳しい可能性が高いですので、申し込みの際は注意しましょう。

関連ページ

楽天カードはいつ届く?申し込み後、到着までの日数はどのくらい?
楽天カードがいつ届くか分からない!カード到着までにかかる日数などを知りたい!という方に実際かかった日数について書いてみましたのでご参考にしてください。
楽天カードの受け取りを本人以外でする方法は?また本人確認はある?
楽天カードを本人以外の家族などが受け取る場合はどうしたらいいのかについて書いてみました。また受け取りの際に本人確認はあるのかないのか、この点についても紹介してみます。
楽天カードの限度額は最初いくら?また100万円以上など変更できる?
楽天カードを作った時の限度額はいくらになるのか?と気になると思いますのでこのことを中心に書いてみました。また楽天カードは限度額100万円と言われていますが100万円以上の限度額にすることは可能か?という疑問を解消できるような情報を公開中です。
楽天カードをゴールドなどに切り替えできる?やり方は簡単?
楽天カードの切り替えについての情報をご紹介しています。ゴールドなどのカードに切り替えをすることはできるかどうか分からない場合は是非参考にしてください。また切り替えの方法についても簡単ですが解説しております。
楽天カードの2枚目を持つには条件がある!申し込み方法は簡単?
楽天カードを2枚持ちたい!と思っている人は多いと思いますが、実は2枚持ちをする為には条件がありますので2枚持ちの条件について解説しています。また申し込み方法についてもご紹介していますので申し込みの際に参考にしてください。