楽天カードの暗証番号を忘れた!けど確認は簡単なので解説してみた

楽天カードの暗証番号が分からない場合

街中やネットショッピングでも、クレジットカードを使用する場面で時折必要になるのが暗証番号です。しかし滅多に暗証番号って聞かれないし、忘れることって多いですよね。

 

 

基本楽天カードなどクレジットカードで買い物をするとサインが定番ですよね。しかし安い買い物などでは、最近は暗証番号を入力してサイン不要で買い物ができるお店も増えてきました。

 

 

そんな時、暗証暗号をきちんと管理して覚えておかないと、いきなり聞かれても困ってしまうことも多いかもしれません。もちろん、楽天カードでもそれは例外ではないんですね。

 

 

ここでは、そんな楽天カードの暗証番号についてのあれこれをご紹介します。ちなみに暗証番号ではなく本人認証パスワードを忘れた場合はこちらでチェックしてください。

 

 

 

楽天カードで暗証番号を忘れたときの確認方法

自分で暗証番号を設定したけれど、どうしても忘れることだってあるでしょう。その場合、楽天カードでは暗証番号の照会をすることが可能なのが嬉しいですね。

 

 

方法としては、楽天カードのオンラインサービスである楽天e-NAVIにログインして、「カードの暗証番号の照会」という項目でオッケーです。では画像を使って解説したいと思います。

 

 

まずはe-naviへアクセスします。アクセスすると右上に「登録情報」という人のようなマークのボタンがあるのですが、ココをタップもしくは「その他」というアイコンが右の方にありますのでタップします。

 

 

「その他」をタップすると「ご登録情報」という項目があるのでそれをタップします。

 

 

 

 

タップすると画面が変わります。続いて下にスクロールすれば「カード暗証番号の照会」という項目が出てきますので、タップします。

 

 

 

 

カード暗証番号の照会、確認の画面になりますので、カード裏面のご署名欄の右端にある3桁の数字を入力します。

 

 

 

 

入力後は「照会する」というボタンをタップするだけ。たったこれだけで暗証番号の確認ができます。無事に確認できたら、今度は忘れないように覚えておきたい所ですが…。

 

 

電話で暗証番号の確認はできる?

 

暗証番号を確認するにはもう一つ方法があって、電話での確認方法があります。自動音声ダイヤルもしくはコンタクトセンターを使うことになります。

 

 

ただ、注意点としては、電話で暗証番号は決して教えてくれないことに気をつけておきたいです。

 

 

電話で確認はできないということですね。これは盗難カードなど防犯の面から当然と言えば当然でしょう。そのため、確認方法として、この自動音声ダイヤルで手続きした後、暗証番号を記載したハガキが送ってくるという流れになります。

 

 

なのでこの方法はおすすめ出来ません。かなり面倒ですし、なによりも時間がかかってしまうので、出来るだけ前項の楽天e-NAVIを利用したいですね。

 

 

ちなみに、楽天カード一般の問い合わせであるコンタクトセンターは通話料有料ですが、こちらの自動音声専用ダイヤルは基本無料となります。しかも24時間年中無休で対応可能です。

 

 

暗証番号を間違った場合はロックがかかるので注意!

 

ICチップが付いている楽天カードを利用するときに、暗証番号を入力する場面でそれを間違えてしまうとロックがかかってしまいます。

 

 

そうなると、そのままではカードを利用できなくなるのです。もちろん1回間違えたぐらいは大丈夫ですが、大体3回連続で間違えるとロックがかかる仕組みになっているケースが多いようですね。

 

 

そのロックがかかったカードは、基本的には防犯の面から自分で解除できません。その場合はちょっと面倒かもしれませんが、楽天カードの作り直しが必要になります。

 

 

ですので、もし暗証番号が分からない場合は、無理して暗証番号を入力する必要はありません。お店などでショッピングを楽しんでいる場合に暗証番号を間違ってロックがかかってしまうと最悪ですよね。

 

 

なのでもし暗証番号が分からない、忘れた場合は「サイン」で対応しましょう。またロックがかかると楽天のコールセンターに電話する必要があり、すぐには使用再開は難しいかも?そのため、暗証番号は忘れないようにはしておきたいですね。

 

 

楽天カードでは暗証番号の変更も簡単にできる?

 

いろいろな理由で暗証番号を変更したいときもあるでしょう。それももちろん可能ですが、ICチップ付きの楽天カードとそうでないものとでは、手続きが異なります。

 

 

まず、ICチップ付きカードは、ちょっと面倒ですがカードを作り直さなければなりません。楽天e-NAVIで「カードの再作成・再発行」から、申請理由としてICカードの暗証番号変更を選べばオッケーです。

 

 

しかし、新しいカードの到着は約14日ほどかかりますので、ICチップ付きカードの暗証番号の変更はとても厄介なものとなるでしょう。

 

 

ちなみにこの時、楽天edyに利用可能な金額が残っている場合は、再発行のカードに移動できないので注意しましょう。

 

 

ただ、ロックがかかってしまった楽天カードを解約しても、edyの機能は使えるので、焦ってedyを使う必要もなさそうです。

 

 

一方のICチップが付いていない場合は、楽天e-NAVIでカード暗証番号の変更の項目から可能です。もちろん、現在のカード暗証番号を知っておく必要がありますが、手続きとしてはこちらの方が簡単ですね。

 

 

ただ、楽天カード自体がカードのIC化を進めており、ICチップがついていない楽天カード自体が少ないようなので、こちらの方法を使えるのは少数派かも?

 

 

まとめ

 

今回は楽天カードの暗証番号について解説してみました。間違えるとロックがかかったり、番号の変更が面倒だったり、その重要性がわかります。

 

 

そのため、暗証番号はきちんと覚えておいて、忘れないようにしたいですね。と言っても、自分の誕生日や電話番号にするのはNGです。

 

 

免許証などと一緒に盗難されたらアウトですし、不正利用されたら補償されないこともあり得るので注意でしょう。

 

 

万が一忘れてしまった場合は、楽天e-naviにてチェックしましょう。また暗証番号の変更はICチップが付いていると厄介ですので、なるべく変更は避けたいところです。

関連ページ

楽天カードの一括返済方法 リボ払いや一括払いを繰り上げ返済できる?
楽天カードを使っていて一括返済をしたいと思ったことはありませんか?ココでは楽天カードにおいての一括返済をする方法について複数のパターンより解説してみました。
楽天カードを紛失・盗難の場合、必ずしなくてはいけない事とは
楽天カードが紛失・盗難に遭ったなどの場合にしておかないといけないことがありますのでココではそのことについてまとめてみました。
楽天カードの締め日や引き落とし日は?ズレる場合もあるので注意!
楽天カードの締め日など分からないという人も多いでしょう。そこでこのサイトでは締め日、お支払日についての情報をまとめてみました。
楽天カードのボーナス払いの締め切り日・支払日や利用できない場合の理由は?
楽天カードで利用できるボーナス払いですが、締め切りの日や支払日など分からないこともあると思いますので解説してみました。またボーナス払いが利用できない場合はどんな理由があるのかも併せて解説しております。
楽天カードで一時増額をする手順は簡単!注意点なども解説してみた
楽天カードは一時増額をすることなども可能なカードで便利ですので手順について解説してみました。簡単に行えますのでご希望の方は一度してみるといいでしょう。他申し込み時の注意点なども併せてご紹介しております。
楽天カードの本人認証サービスって?セキュリティを強化できる?
楽天カードは本人認証サービスというサービスがありとても役立ちますのでどんなサービス内容になっているのかをご紹介しています。また設定をする方法など画像付きで解説しているので、参考にしてくださいね。
楽天カードのセキュリティコードはどこ?このコードの意味は?
楽天カードのセキュリティコードの場所がどこにあるか分からない方は要チェック!またセキュリティコードの意味などについてもご紹介しております。
楽天カードの手数料・金利まとめ!いくら費用がかかるか知ってる?
楽天カードも全てが無料で利用できる訳ではなく、きちんと各手数料などございますので、楽天カードの金利・手数料などについて知っておきましょう。