楽天カードのセキュリティコードはどこ?このコードの意味は?

楽天カードのセキュリティコードを確認したい!

楽天カードもそうですが、クレジットカードでネットショッピングをしていると決済の時に「セキュリティコード」を求められる機会があったりします。

 

 

セキュリティコードといきなり言われても、ピンと来ないこともあるのではないでしょうか?しかし最近は意外と利用する機会が多くなってきております。

 

 

ではセキュリティコードを確認したいけど、どこに書いてあるの?とかそもそもセキュリティコードの意味って?など分からないことが多いでしょう。

 

 

ここでは楽天カードのセキュリティコードについて、またどのような意味があるのかをご紹介します。

 

 

楽天カードのセキュリティコードはどこにある?

では、まず肝心の楽天カードのセキュリティコードとはいったいどこにあるのでしょうか?セキュリティというだけあって、分かりずらい場所に記載されているのでは?

 

 

またはカード内部に記録されているのでは?と思う人もいるかもしれませんが、ご安心を。きちんとカード自体に記載されていますので、すぐに確認することができます。

 

 

その場所は、カード裏面です。カードを裏返すと署名欄があるのですが、署名欄の上部に数字が書かれていると思います。4桁の数字と3桁の数字、2つの記載があるはずです。

 

 

そのうちの3桁の数字がセキュリティコードです。下の画像では「000」がセキュリティコードになりますね。決済の時などで必要な場合はこの番号を入力すればOKです。

 

 

 

 

合計7桁の数字になりますが最初の4桁は違いますので、ご注意ください。数字の間にスペースがあるのでわかりやすいと思われます。

 

 

また、署名の自筆が右寄りだと隠れてしまったり、カードが擦れてしまうと見えなくなるリスクもあるので、これも注意しておきたいですね。わからなくなったら、楽天カードコンタクトセンターに電話しましょう。

 

 

ちなみにセキュリティコードではなく、暗証番号を知りたい場合は以下のページにてご紹介しておりますので、参考にしてください。

 

 

 

他社カードのセキュリティコードも同じ場所?

 

では楽天カード以外の他社のカードでもこの「セキュリティコード」の場所は同じでしょうか?結論から言えば、ほとんどのクレジットカードで同じ場所を採用しています。

 

 

しかしアメリカンエクスプレスのセキュリティコードの場所は他と異なる場所にあります。まず、VISAやJCBなどは裏面に記載されているのですが、アメックスは表面に記載されています。

 

 

次にセキュリティコードは基本3桁なのですが、こちらのカードだけは4桁となっているんですね。そのため、他のクレジットカードとはかなり異なるので注意が必要です。

 

 

ただ、楽天カードで選べる国際ブランドは、VISA、マスターカード、JCBのみなので基本的には関係ありません。しかし他のクレジットカードでアメリカンエクスプレスカードを持っている場合は間違いのないように気をつけたいですね。

 

 

ちなみにセキュリティコードは何のためにある?

楽天カードのセキュリティコードの場所はわかりました。ただ、そもそもクレジットカードのセキュリティコードは一体何なのでしょうか?

 

 

よく間違える人が多いのですが、セキュリティコード=暗証番号という認識をしている人が多いようですが、これは間違いです。セキュリティコードと言うものは、クレジットカードの不正利用防止のために存在します。

 

 

ちなみに暗証番号は基本的にカードのICチップに記録されているのが一般的で、カード自体には数字が記載されていませんので、見ただけではわかりません。

 

 

例えばクレジットカードの情報が漏れてしまった。漏れた情報はカード番号と有効期限のみ。このような場合、カードで決済しようとしてもセキュリティコードが求められるとカードの利用はできません。

 

 

カード自体の磁気情報には含まれていないため、それが記載された正真正銘の本物のカードを持っていないと基本的にはわからないわけです。よってネット通販などの不正利用防止のための本人確認には一定の効果があると言えるでしょう。

 

 

ニュースなどでカード情報の流失を頻繁に耳にしますが、そのわりには不正利用の被害が甚大でないのは、このセキュリティコードがあるおかげかもしれません。もちろん、カード自体を盗難されたら意味はないでしょう。

 

 

またカードの盗難に遭った場合は早急に対処をしなくてはいけませんので、気をつけましょう。

 

 

 

セキュリティコードはどんな時に利用する?

 

楽天カードにも記載があるセキュリティコードですが、主にネットショッピングなどネットでクレジットカードを使う場合に利用するケースが多くなっています。

 

 

基本的に遠隔決済のときに利用するものと考えておくといいでしょう。ただこのセキュリティコード、ネットなど非対面でカードを利用する場面の全てにおいて求められるわけではないのです。

 

 

カード決済時に入力しなくても大丈夫な場合も結構あります。要するに、ケースバイケースで利用するものだと言えそうです。また、これはデメリットですが毎回入力となると面倒な感じでもあります。

 

 

ちなみにお店などでカードで買い物をするときに暗証番号を求められる場合もありますが、これはセキュリティコードではありません。先ほども簡単に説明をしましたが、セキュリティコードと暗証番号は全くの別物です。

 

 

ただ暗証番号とセキュリティコード、2つとも共通しているのは、本人確認のためにあるパスワードのようなものだということです。

 

 

まとめ

楽天カードやセキュリティコード全般について見てきました。不正利用防止のためにあるこの数字、楽天カードの裏面にあるのが確認できたでしょうか?

 

 

分かりやすい場所に書かれているので誰でも分かると思います。またセキュリティコードは買い物の際に必ず必要、という訳ではありません。利用するのは主にネットでの決済の時などです。

 

 

一般的なお店などでのカード利用の時はセキュリティコードを求められる機会はなく、暗証番号がメインとなってくるでしょう。また不正利用対策については、他にもいろいろな対策方法があります。

 

 

楽天カードでは本人認証サービスや3Dセキュアといった本人確認機能もあるので、カードを安心して利用する為にも他の不正利用防止を考えてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

楽天カードの暗証番号を忘れた!けど確認は簡単なので解説してみた
ついうっかりして楽天カードの暗証番号を忘れた!という時ってありませんか?こんな場合でも楽天カードならすぐに確認をすることができるので、確認の流れなどを画像付きで解説してみました!
楽天カードの一括返済方法 リボ払いや一括払いを繰り上げ返済できる?
楽天カードを使っていて一括返済をしたいと思ったことはありませんか?ココでは楽天カードにおいての一括返済をする方法について複数のパターンより解説してみました。
楽天カードを紛失・盗難の場合、必ずしなくてはいけない事とは
楽天カードが紛失・盗難に遭ったなどの場合にしておかないといけないことがありますのでココではそのことについてまとめてみました。
楽天カードの締め日や引き落とし日は?ズレる場合もあるので注意!
楽天カードの締め日など分からないという人も多いでしょう。そこでこのサイトでは締め日、お支払日についての情報をまとめてみました。
楽天カードのボーナス払いの締め切り日・支払日や利用できない場合の理由は?
楽天カードで利用できるボーナス払いですが、締め切りの日や支払日など分からないこともあると思いますので解説してみました。またボーナス払いが利用できない場合はどんな理由があるのかも併せて解説しております。
楽天カードで一時増額をする手順は簡単!注意点なども解説してみた
楽天カードは一時増額をすることなども可能なカードで便利ですので手順について解説してみました。簡単に行えますのでご希望の方は一度してみるといいでしょう。他申し込み時の注意点なども併せてご紹介しております。
楽天カードの本人認証サービスって?セキュリティを強化できる?
楽天カードは本人認証サービスというサービスがありとても役立ちますのでどんなサービス内容になっているのかをご紹介しています。また設定をする方法など画像付きで解説しているので、参考にしてくださいね。
楽天カードの手数料・金利まとめ!いくら費用がかかるか知ってる?
楽天カードも全てが無料で利用できる訳ではなく、きちんと各手数料などございますので、楽天カードの金利・手数料などについて知っておきましょう。