楽天カードのエラーコードまとめ!恐ろしいエラーコード2とは?

楽天カードのエラーコードとは

楽天e-NAVIは楽天カード専用のオンラインサービスで、主に利用明細の確認などで利用している人がほとんどですよね。便利なサイトですがびっくりする時があります。

 

 

例えばエラーコードの表示などそうですね。エラーコードとはその名の通り、何かしらのエラーが出ており楽天e-NAVIで「エラーが発生しました」というコメントが記載されていて、ちょっと驚きでもあります。

 

 

この楽天カードのエラーコードはいろいろと種類があり、経験したことがある方はお分かりとは思いますが「エラーコードM」とか「エラーコード2」とか表示がされます。

 

 

基本的にその意味や原因は、楽天コールセンターへ個別に問い合わせないとわかりません。そこで利用者の実際の経験談などを基に、各エラーコードの意味をまとめてみました。

 

 

楽天カードのエラーコードの種類・意味

エラーコード2

 

エラーコード2は表示された時点でかなり厳しい意味となっており、強制解約の意味で復活の余地なしということです。つまり、楽天カード利用不可宣言とも言えます。

 

 

こうなると、残念ながら楽天カードの利用をあきらめるより他にありません。カードの再申込みをしても審査には通らないでしょう。ですので、他社カードを作る方が賢明だと言えます。

 

 

ただ、数年などかなりの時間が空いていて、かつクレヒスなど信用情報なども良い状態ならば、申し込む価値もありそうですが、期待はしない方がいいでしょう。

 

 

<お申込みはこちらから>

 

 

また、楽天コールセンターに強制解約の理由を聞いても、明確な回答は得られないケースがほとんどです。このエラーコードが表示される主な原因としてよく言われるのは、度重なる延滞など途上与信の審査にいくつか引っかかったなどですね。

 

 

ちなみに楽天カードを利用限度額近くまで使っていてこのエラーコードが表示されたパターンもあり、逆に、楽天カード自体ほとんど使わないでいても強制解約になることもあるそうです。

 

 

他には自分自身で解約を行った場合などにも表示されます。また、他のエラーコードからこの2へ移行する例も多いため、注意が必要です。エラーコードが2ではないからと安心はできないと言えますね。

 

 

エラーコード1

 

エラーコード1は、一時的な利用停止の意味のようです。ここで一時的とあるのは、楽天側で再審査があるためだとか。よって、楽天側から会員の信用に?がついている状態と言えそうです。

 

 

そして、最終的にエラーコード2へ移行する例も多くあります。そのため、事実上のカード解約宣言ととらえられていることも多く、良くないエラーコードになります。

 

 

このエラーが表示される原因として多いと言われているのは、支払いの延滞によりエラーコードが表示されていること。これは当然と言えば当然かもしれません。

 

 

引き落とし日にきちんと支払わないと、信用を疑われても仕方ないでしょう。また途上与信も関係しています。途上与信とはカード利用中の審査みたいなもので、楽天カード側は随時カードの利用状況などを確認しています。

 

 

たとえば、他社のクレジットカードで延滞していないかなどがありそうです。前述の楽天カード自体の延滞も含まれるかもしれませんね。この途上与信に引っかかって、エラーコード1が表示されている可能性もあります。

 

 

詳しい審査項目は外部からはわかりませんが、要するに楽天からはカード会員にふさわしいかどうかは頻繁にチェックされているとも言えそうです。

 

 

ちなみに、このエラーコード1から復活して、普通にカードを使えるようになった例も報告されていますので、諦めてはいけません。

 

 

エラーコードM・G(限度額関連)

 

まずエラーコードMというのは、楽天e-NAVIでショッピング枠あるいはキャッシング枠の増額の申し込みをした方が対象で、意味としては増枠の審査落ちという意味になります。

 

 

主に年収の事情でダメだったことを示すもので、つまり「あなたの年収では、その増額する枠に見合っていない」と楽天カードから宣告を受けたということになりますね。

 

 

また、即表示されることもあるようです。増額申請→これ以上増額できませんというメッセージが表示されるケース。この場合もエラーコードMという表示があります。

 

 

特に学生の人はこのエラーコード出やすいと言えます。このエラーコードはカードが使えなくなる、というエラーではないので安心してしまいますが、この増枠の時の審査によって、カードの一時的な利用停止など悪い方向へ向くケースもあります。

 

 

ですのでエラーコードMが表示されても安心、という訳ではないようです。もし増枠の審査落ちした場合は、クレジットカードをもう1枚新規で作るなどの対処をするといいでしょう。

 

 

続いてエラーコードG.の意味ですがMと同じく増額申請が通らなかった意味のようで、エラーコードMは年収に由来するものですが、Gはそれ以外の理由によるものとなります。

 

 

エラーコードGの理由が何なのかははっきりとは分かりません。ただ、おそらくは何らかの楽天内部の審査に引っかかったと思われます。そのため、コールセンターでその理由を聞いても満足のいく回答を得られない可能性が高いでしょう。

 

 

年収以外の理由ということで、考えられるのはカードの利用状況や他社の利用状況、お借入れなどの部分に該当するかもしれません。

 

 

エラーコードA

 

エラーコードAはキャッシングが利用できない状態ということです。そもそもキャッシング枠を申し込んでいない方はまずこのエラーメッセージは表示されません。

 

 

理由としてはキャッシングを利用して延滞している場合に表示されることがあります。楽天カードでお金が借りられない状態だということを理解しておきたいですね。

 

 

その他、キャッシングが利用できない理由は以下にまとめてありますので、興味があればお読みください。

 

 

 

 

また、延滞でこのエラーコードが表示されているときは、早急に返済しないとその後強制解約になる場合もあります。ただ、このエラーコードが表示される場合はお金に困っている時が多いでしょう。

 

 

何とかお金を工面して早く返済しておきたいものです。

 

 

エラーコードC

 

エラーコードCですが、意味はいくつかあるようです。サービス対象外による表示が主な原因です。例えば申し込みができない状況なのに、申し込みをした場合など。

 

 

楽天カードには、楽天銀行カードというキャッシュカードを兼ねたものがあるのですが、これは家族カードが作成不可となっています。そのため、その楽天銀行カード会員が楽天e-NAVI上で家族カードの申込みした場合にこのエラー表示が出るというパターンが多いようです。

 

 

他にも楽天カード会員限定サービスの申し込みなどで、申し込みできない状況で申し込みをするとこのエラーコードCが表示されたりします。申し込みが重複してしまったということですね。

 

 

さらに楽天のシステムエラーが発生しているという意味があげられます。これはどうしようもないわけで、自分が悪いわけではないかもしれません。エラーコードCは他よりその深刻度は低いように考えられます。

 

 

また他にも楽天カードが使えない理由は些細なことを含めて色々とありますので、以下のページで確認してみてください。

 

 

 

 

エラーコードを表示させないため気をつけたいこと

 

楽天e-NAVIでこれらのエラーコードを表示させないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?まず、毎月の支払いを延滞しないことが重要ですね。これがエラーコード1、2、Aを表示させない基本になります。

 

 

と言っても人間です、手違いか何かでうっかり口座引き落としのお金を準備し忘れることもあるでしょう。その場合は、楽天カードは基本的に再引き落としがあるので、それに間に合うように早急に支払いを準備するようにしたいですね。

 

 

 

 

ただ、一度延滞しただけでもエラーコード1になる場合もあります。さらに、このような延滞が何度も続くと、何の前触れも無しにエラーコード2=強制解約ということになってしまうリスクが高いので、毎月の支払いは最優先事項で気をつけたい所だと言えます。

 

 

次に、自分の楽天カードのショッピング枠にしろキャッシング枠にしろ、それらの増額申請はできる限りやめておいた方がよいということです。

 

 

絶対に大丈夫な自信があるのならばまだしも、そうでないとエラーコードMとGが表示されるリスクが出てきます。その後、いきなりエラーコード2となってしまう事態も想定されるので、用心するに越したことはありませんね。

 

 

さらに、楽天カードは入会はしやすいが、入会後の途上与信が厳しいらしいことが言われています。そのため、それに引っかからぬように常に意識しておきたいです。

 

 

もちろん、これを気をつければオッケーというのは明確にはわかりません。ただ、よく注意点として言われることは、他社のクレジットカード利用も気をつける、高価な買い物を何回もして枠を使いすぎない、キャッシングをあまり利用しない、などがあります。

 

 

また、日頃全く楽天カードを使わないのも、エラーコードが出るリスクがあります。それを避けるためには、せめて何ヶ月かに一回は楽天カードを使うことを覚えておきたいところです。

 

 

まとめ

楽天e-NAVIに表示されるエラーコードの各種意味と注意点などを見ていきました。ただ、繰り返しになりますが、このエラーコードに対しては、楽天は個別に回答などの対応をしています。

 

 

公式ページなどにその明確な回答はなく、実際の意味は何となくしかわからないのが現状です。よって、これを表示させないようにするには、クレジットカード一般に言われているような注意点を守るしかないでしょう。

 

 

とは言え、何の心当たりもないのにある日突然楽天e-NAVIにエラーコードが表示されると驚くかもしれません。そうなった場合は、まず冷静になって本当に心当たりがないかを思い出してみたいですね。

 

 

そして、その後楽天コールセンターに問い合わせて今後の対応を考えたいところでしょう。

関連ページ

突然楽天カードが使えない状態に…その原因をまとめてみた!
楽天カードを突然使えなくなった!という人も多いですのでその原因はどのようなことが考えられるのか、ここでまとめてみましたのでご参考にしてみてください。
楽天カードの問い合わせはコンタクトセンターで!繋がらない場合はどうする?
楽天カードで分からないことがあった場合はコンタクトセンターというお問合せが可能なところがあるので知っておきましょう。また繋がりにくい時の対処法など簡単に解説しております。
楽天カードの再引き落とし日ってある?残高不足で間に合わない場合は?
楽天カードで支払いが出来なかった場合は再引き落としなどがあるのかどうか知っておくと役立ちますのでココで解説してみました。残高不足の時でも焦らずに対処しましょう。
楽天カードの支払いが遅れたらどうなる?お金がきつい時の対処法は?
楽天カードを利用していてお支払いができなく遅れた場合はどのような状況になるのかについてご紹介しています。またお金がない場合の対処法なども併せてお読みください。