突然楽天カードが使えない状態に…その原因をまとめてみた!

楽天カードが使えなくなった場合は?

普段から楽天カードを使っている人は多いでしょう。しかし…いきなり「使えなくなった!」という声も聞いたりするものです。楽天カードが使えない時はいくつかの理由が考えられます。

 

 

もちろん単純な理由から複雑な理由まで幅広く何かしらの原因があります。ではどんな理由があるのか、どんな対処法があるのか、分かりやすく解説していきますので使えない時の参考にしてみて下さい。

 

 

楽天カードが使えない理由とは

不正検知システムによるカードの停止

 

近頃ではカードの不正利用の被害が増えているのをご存知ですか。ネット上で不正に入手したカード情報を悪用する、紛失カードや盗難カードを悪用する、スキミングで偽造カードを作成するなどの手口があります。

 

 

不正利用への対策を行うため、楽天カードでは不正検知システムを導入しました。不正利用にはあるパターンがあり、システムがそのパターンを検知した時、楽天カードにセキュリティロックをかけることがあるのです。

 

 

「充分なショッピング枠が残っているのに楽天カードが使えない」そんな時はセキュリティロックがかかっている可能性があります。

 

 

不正利用を検知した時には楽天カードから電話またはメールにて連絡が入りますので、カード会員本人の利用だった時はその事を伝えると良いでしょう。

 

 

もし第三者による不正利用だった場合、楽天カードではカードを使えなくしています。不正利用により楽天カードが無効になった時は新しい楽天カードを再発行して貰って下さい。

 

 

電気ガス水道、ケータイなどの料金をカードで引き落とししている場合は支払い先にて別途変更手続きが必要です。一部の支払い先では自動変更手続きとなりますので楽天カードの公式ホームページより確認してみて下さい。

 

 

強制解約が原因でカード利用不可

 

楽天カードの利用状況が悪すぎる場合、強制解約となる恐れがあります。カード利用停止であれば何らかの対処法で復活できる事がありますが、強制解約となると復活は不可能です。

 

 

強制解約となる主な原因は次の通り。

 

 

  • 個人信用情報に傷が付いた(長期延滞/債務整理/代位弁済など)
  • カード会員の規約に重大な違反があった(不正利用や換金目的での利用など)
  • 途上与信の際に支払い能力が足りないと判断された(他社での延滞など)
  • カードを全く利用していない場合も可能性アリ

 

 

特に個人信用情報に傷が付いた場合は注意が必要です。それは延滞や代位弁済では5年、債務整理では5年から10年、傷が消えるまで長期間かかるからです。

 

 

その間はクレジットカードやローンの審査に通る見込みが殆ど無くなります。他社での延滞でも個人信用情報に傷が付くため、支払い日には遅れない事が大切です。

 

 

うっかりカード会員の規約違反となり、強制解約されたのでは勿体ないです。事前にどんな内容が記載されているか、会員規約を良く読んでおきましょう。

 

 

また強制解約時や解約時などはe-naviにてエラーコードが出るようですので、エラーコードについても知っておくといいでしょう。

 

 

 

支払い延滞・遅延でカードが使えない

 

滞納をすると楽天カードが使えなく可能性もあります。たった1回の支払いを滞納することによって、二度と楽天カードが使えなくなる、という可能性だってあるのです。

 

 

これは楽天カードに限った話ではなく、他のクレジットカードにも共通していることですので、料金の延滞などはしないように心がける必要があります。

 

 

楽天カードの支払い日は毎月27日、楽天市場でお買い物した時の支払い日は毎月25日です。金融機関がお休みで引き落としできない時は翌営業日が支払い日となります。

 

 

経済的な事情などで支払いの延滞を行うと楽天カードが使えなくなってしまいます。1日2日程度の遅れであれば引き落とし口座に入金して下さい。

 

 

「再振替サービス」にて自動的に再引き落としされるため、カードは引き続き利用できます。ただし「再振替サービス」対象外までの延滞を行うと再引き落としができなくなるため、なるべく早めに行動して下さい。

 

 

支払い日から翌月10日までの遅れなら24時間受付の自動音声専用ダイヤルにて入金する事も可能です。

 

 

詳しくはこちら

 

 

途上与信によるカードの停止

 

途上与信というのは簡単にいうと利用状況を確認するようなものです。カード利用中の再審査という感じでしょうか。他社のカードの支払いはされているか?とか借り入れなど増えていないか?など色々と調べることはあります。

 

 

楽天カードの支払いはきちんとしていても、他社のクレジットカードで延滞など金融事故があると楽天カードの方にも利用停止など影響が出てくる可能性があります。

 

 

カード会社もリスクを考えている訳ですね。ですが逆に途上与信によりカードの利用額など幅が広がったりするので、途上与信が悪い訳ではありません。

 

 

有効期限切れ

 

楽天カードの表面に「05/18」などの有効期限はありませんか。右側が月、左側が年となっており、「05/18」の場合は2018年5月末まで使えます。年月の順番ではありませんので注意して下さい。

 

 

有効期限の切れたカードでは使えませんが、自動更新となるのが一般的のため、特に対処法は行わなくても大丈夫です。手続き不要で新しい楽天カードが届きますので裏面にサインし、古い楽天カードは細かく裁断して処分しておいて下さい。

 

 

もし有効期限過ぎても楽天カードが届かない場合、楽天カードコンタクトセンター「0570−66−6910」まで電話連絡して下さい。ただしカードの更新時にも審査が行われているため、場合によっては更新されない事があります。

 

 

利用限度額オーバー

 

楽天カードの利用限度額をオーバーしていると使えなくなってしまいます。楽天カードの残高が多くなるほど、利用可能額が減っていきますので注意して下さい。

 

 

利用限度額オーバーで使えない時の一番の対処法となっているのが支払いです。ショッピング1回払いでは支払い日が来れば全額引き落としされますので、利用可能額が元に戻ります。

 

 

分割払いやリボ払いでは支払いが全て完了した時点で元に戻ります。楽天カードでお買い物した後、1回払いから分割払いやリボ払いへと変更できるものの、逆はできません。

 

 

リボ払いの時は余裕がある時に追加支払いを行うと良いでしょう。

 

 

磁気ストライプが認識しない

 

クレジットカードは磁気カードとICカードと大まかに分けて2種類あります。このうち磁気カードでは磁気ストライプにカード情報を記録させる関係上、磁気不良が起こるとATMなどで使えなくなってしまいます。

 

 

テレビやパソコン、電子レンジなど強い磁気を発生する機器の側に磁気カードを置いて放置すると磁気不良が起きやすいために注意して下さい。磁気不良を防止するには離れた場所に磁気カードを保管するのが一番の対処法です。

 

 

万が一、磁気不良で使えなくなった時は楽天カードの作り直しが必要です。楽天e-NAVIにログインし、「カードの再作成・再発行」より磁気不良の申請理由を選んで申込みして下さい。

 

 

スキミングの手口が気になる方はICカードへ変更しておくと良いでしょう。

 

 

単純にカード情報の入力ミス

 

ネットショップでクレジットカード決済を選んだ時に必要なのがカード情報の入力です。カード番号、有効期限、セキュリティコードなどのカード情報に入力ミスがあると正常なクレジットカード決済ができません。

 

 

セキュリティコードは裏面にあるのが基本ですが、中にはアメックスのように表面にあるカードもあります。楽天カードでは裏面にある末3ケタの数字がセキュリティコードとなっています。

 

 

クレジットカード決済が受け付けられない時は正しい数字かどうか確認して下さい。

 

 

メンテナンス中が原因!?

 

2018年3月1日23時50分頃、楽天カードでシステムの不具合が発生した事があります。このシステム不具合により、一時的ではありますが利用停止となりました。

 

 

カード会員によっては楽天カードでのお買い物、楽天e-NAVI、楽天カードアプリなどのサービスで利用できなかったのです。システムメンテナンスが使えない理由の時は復旧するまで待つしかありません。

 

 

今回の不具合はシステムメンテナンスにより3月4日3時15分頃には一部復旧しました。楽天カードの公式ホームページのお知らせにメンテナンス情報が公開されるため、楽天カードが使えない時は確認してみて下さい。

 

 

 

 

解決しない場合は?

 

まずは楽天e-NAVIにアクセスしてみましょう。もし何かしらのトラブルがある場合は、エラーコードというのが表示されている場合があります。このエラーコードは意味がありますので、調べてみましょう。

 

 

 

それでも解決できない場合で、クレジットカードを利用したい場合は代替案としてデビットカードを作成するという対処法があります。クレジットカードと違い、デビットカードでは即時決済です。

 

 

使えるのは口座残高の範囲までという関係上、個人信用情報を参照する審査を行わずに発行しています。そのため個人信用情報に傷が付いている方でも作成できる事が多いです。

 

 

傷が消えるまで長期間待たなくても済みますが、クレジットカードでは無いためクレヒスを積めない点には注意して下さい。

 

 

まとめ

楽天カードが使えない理由や対処法について説明してきましたが如何でしたか。ほとんどが単純なことが理由でカードが使えないというものですので、一度お持ちの楽天カードについて調べてみましょう。

 

 

 

一つ注意したいのが不正利用検知システムは完全ではない点です。高額利用などですとあからさまなので、最近は少額利用などで検知をすり抜けようとする悪意を持った者が居るようです。

 

 

 

そのため、知らない請求が来た時は楽天カードコンタクトセンターへ連絡して下さい。常にカードの利用についてはご利用メールなどを目を通しておきましょう。

 

 

 

また楽天カードが使えなくなっても他のクレジットカードがあればお買い物ができますので、楽天カードの他、サブとして1枚作成しておくと便利です。

関連ページ

楽天カードのエラーコードまとめ!恐ろしいエラーコード2とは?
楽天カードを使っていて表示されるエラーコードについてまとめて解説してみました。嫌なエラーコードですが意味を知って対処しましょう。
楽天カードの問い合わせはコンタクトセンターで!繋がらない場合はどうする?
楽天カードで分からないことがあった場合はコンタクトセンターというお問合せが可能なところがあるので知っておきましょう。また繋がりにくい時の対処法など簡単に解説しております。
楽天カードの再引き落とし日ってある?残高不足で間に合わない場合は?
楽天カードで支払いが出来なかった場合は再引き落としなどがあるのかどうか知っておくと役立ちますのでココで解説してみました。残高不足の時でも焦らずに対処しましょう。
楽天カードの支払いが遅れたらどうなる?お金がきつい時の対処法は?
楽天カードを利用していてお支払いができなく遅れた場合はどのような状況になるのかについてご紹介しています。またお金がない場合の対処法なども併せてお読みください。