楽天カードの支払いが遅れたらどうなる?お金がきつい時の対処法は?

楽天カードの支払いが遅れてしまった!

楽天カードの支払いを遅れる理由はいくつかあると思います。では支払いが遅れた場合、楽天カードは強制的に解約となってしまうのでしょうか?それともまだ利用できるのでしょうか?

 

 

また他のクレジットカードにも影響がでるんじゃ…など考えてしまったり、支払いに遅れた場合はどのような対処が必要なのか分からない…という方も多いでしょう。

 

 

そこで今回は楽天カードの支払いに遅れた場合の対処法、遅れた時はカードが使えるのかどうかやブラック入りするのか?など支払いが遅れた場合どうなるのか詳しく解説してみました。

 

 

楽天カードの支払いに遅れた場合どうなるのか?

 

支払いが遅れるということはかなり焦りますよね。色々と先の事を思うとなかなか冷静にいられない…というのが普通ですよね。支払いに遅れた場合は以下のようになります。

 

 

カードの利用が出来なくなる

 

加盟店でのお買い物時にカード払いした後に必要なのが毎月の支払いです。楽天カードの支払い日は毎月27日(土日祝:翌営業日)で、口座残高が不足している状態では支払い日に引き落としできなくなります。

 

 

支払いが遅れると楽天カードは停止になります。そしてこのまま支払いを放置してしまうと信用情報に傷がついてしまうので、必ず支払いは遅れないようにしましょう。

 

 

引き落としできないカード会員をそのまま放置すると立替払いしているカード会社のリスクが高まります。カード会社はリスクを抑えるため、カード利用停止するようにしているのです。

 

 

また支払うお金も用意できている状態なら、口座によっては「再引き落とし」ができたり、直接振り込みをしたりして支払うことも可能ですので、以下のページを参考にしてください。

 

 

 

早めに口座に入金すればカード利用停止が解除されるので、再び楽天カードを利用できるようになります。ただしカード利用停止が解除されるまで時間がかかりますので、その間はカード払いができません。

 

 

ですので数日程度支払いが遅れても、カードがずっと使えない状態になるという訳ではないので安心といえば安心ですが、何度もこのような遅延を繰り返しているとカード停止の恐れもあるので注意が必要です。

 

 

遅延損害金が発生する場合もある

 

支払い日までに遅れた時に注意したいのが遅延損害金です。楽天カードの会員規約を読んでみて下さい。第32条に「支払い日の翌日から遅延損害金が発生する」といった内容が記載されています。

 

 

つまり一日でも遅れると遅延損害金が発生するということ。カードショッピングの遅延では年14.6%。遅延損害金は次のような計算式で求められます。

 

 

残高×遅延損害金の年率÷365日(うるう年は366日)×遅延日数=遅延損害金

 

 

楽天カードの残高10万円、10日遅延した時の遅延損害金は次の通り。10万円×年14.6%÷365日×10日=400円。遅延が長引くほど遅延損害金が増えてしまいますので早期に支払いすることが大切です。

 

 

ただ、遅延損害金についてはある程度の期間が経っていないと請求されることが少ないようです。27日の支払日に間に合わなかった、結局支払いが29日だったが遅延損害金などなく普通に請求額通りで済んだ、という方もいます。

 

 

信用情報に傷が付く可能性も

 

カードの支払いを放置すると個人の信用情報に傷が付く可能性があるために注意が必要。個人の信用情報を集めているのが次のような信用情報機関です。

 

 

  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)

 

 

聞いたことがある方もいるとは思いますが、信用情報への照会は信用情報機関への加盟が必要です。楽天カードが加盟しているのがCICとJICCの2つですが、3つの信用情報機関にて相互提携しています。

 

 

信用情報に照会をかけて支払い能力や信用力などを調べているのが、ローンやカードの入会審査など。信用情報に傷が付いている間は審査合格する可能性が著しく下がってしまいます。

 

 

ですので数日遅れてきちんと支払いを済ませたのであればそこまで問題ないですが、ずっと支払いをしていない状態ならば所謂「ブラックリスト」に入ってしまう可能性だってあるのです。

 

 

遅れすぎて強制解約の処分が下されてしまった場合、楽天カードの復活は困難です。

 

 

支払いが遅れそうな場合、楽天に連絡が必要?

 

うっかり忘れただけであればすぐに入金すれば大丈夫。先ほども少し触れましたが再引き落としのサービスがありますので、数日程度でしたら問題ございません。

 

 

再引き落としの日に間に合うのであれば、連絡をする必要はありません。勝手に引き落としされますので、引き落としがされてから再びクレジットカードが使えるようになります。

 

 

しかし経済的な事情で、どうしても支払いが遅れそうな時は問題が大きくなる恐れがあります。何も連絡せずに遅れてしまうとカード会社からの信用を失いかねません。

 

 

ですのでカード会社へ支払いの意思表示を見せることが大切です。そこで支払いが遅れそうな時は楽天カードコンタクトセンター「0570−66−6910」で相談をしましょう。

 

 

カード番号の入力が求められるため、楽天カードを事前に準備しておくとスムーズです。受付時間は9時30分から17時30分まで。

 

 

滞納すると電話や督促状による連絡がある場合も

支払いに遅れても再引き落とし日までに入金すれば大きな問題にはなりません。しかし再引き落とし日にも間に合わず、支払いを滞納してしまうと電話や督促状による連絡が始まる恐れがあります。

 

 

カード会社が申立書を裁判所に提出、受理した裁判所がカード会員のもとへ発付しているのが督促状。支払いを催促する郵便物となっています。最初は電話による催促でも、督促状が自宅に届いたら大変です。

 

 

督促状を放置すると差し押さえの恐れあり

 

督促状の内容に異議がある場合、同封されている異議申立書を提出できます。異議申立書を提出せずに放置すると仮執行宣言付督促状が届く恐れあり。

 

 

この仮執行宣言付督促状が届いた後でも異議申立が行えますが、放置したまま2週間以上経過すると強制執行(給与などの差し押さえ)が始まってしまいます。

 

 

異議申立を行っても結局裁判となるのです。少額の場合は裁判や強制執行まで進まない可能性がありますが、ゼロではありませんので注意して下さい。

 

 

支払いをしたいけどお金がピンチの場合…どうする?

 

ではカードの支払いをしたいけどお金が足りない…ってこともあると思います。しかし急になってもなかなか対処しずらいので、事前に対処をする必要があります。

 

 

ココではお金がピンチの場合、どのような方法で支払をすればいいのかをいくつか挙げてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

 

支払いをリボ払い・ボーナス払いにする

 

結構高額の買い物をした場合、1回払いではきつい…という時もあるでしょう。そこで「リボ払い」に変更すると良いでしょう。楽天カードでは「あとからリボ払い」というサービスを提供しています。

 

 

1回払いを選んだ後でもリボ払いへと変更できるのがあとからリボ払いのサービスとなっていて、このサービスには1件ごとに変更できる特徴があります。

 

 

例えば生活必需品など比較的少額なショッピング代金は1回払いのまま、ブランド品や高級腕時計など高額なショッピング代金はリボ払いへ変更するといった方法ができるのです。

 

 

ただしリボ払いに変更するとカード会社への手数料が発生します。楽天カードの公式サイトでは返済シミュレーションを用意しており、手数料がどの位になるのか簡単に計算することも可能です。

 

 

手数料を払うのはキツイという方は、ボーナス払いなども考えておくといいでしょう。ボーナス1回払いですと金利手数料はかからないのです。但しボーナス払いはリボと異なり、あとから変更することはできないので注意も必要です。

 

 

このような支払いの調整については以下の記事でもご紹介しております。

 

 

 

カードローンや消費者金融などで対処

 

リボ払いに変更しても支払いが難しい時は、カードローンや消費者金融などで対処する方法あり。支払い日が今日明日といった緊急事態でも、消費者金融であれば即日審査・即日融資が受けられますので大丈夫。

 

 

大手消費者金融では自動契約機にて申込みからカード受け取りまで行えます。受け取りしたカードを利用し、自動契約機のATMコーナー、または銀行やコンビニなどの提携ATMよりお金を借りることが可能。

 

 

借りたお金をカードショッピングの支払いに回せば、とりあえず緊急事態は回避できます。しかしお金を借りたカードローンや消費者金融などへは利息を付けて返済することが必要です。

 

 

大手消費者金融であっても利息年18.0%が多いため、クレジットカードのリボ払い手数料より負担が重くなる可能性あり。

 

 

ですがこのような対処法は次回の返済日が先延ばしになっただけであり、お金を借りる対処方法は根本的な解決にはなりませんので注意して下さい。

 

 

誰かに借りる

 

カードローンや消費者金融などからお金を借りるには審査に合格することが必要です。先ほど説明した信用情報に傷が付いている場合は審査に合格する見込みが殆ど無い状態。

 

 

傷が消えるには5年ほどかかるため、カードショッピングの支払い日までに間に合いません。そんな時は誰かにお金を借りる対処方法がありますが、あまりおすすめできません。

 

 

この対処方法は両親や兄弟姉妹などお金を貸してくれそうな人が居る場合のみ。お金を貸してくれた人には必ず返済することも必要ですが、できれば友人などには借りるのは避けたい所。

 

 

親子間であっても貸したお金を返済しない場合、お互いの仲が悪くなりかねません。お金を貸さないと断られてしまった場合、この方法では対処できませんので注意して下さい。

 

日払いのバイトなどをする(少額の場合)

 

根本的に解決するには自分でお金を稼ぐのが一番の方法。一般的なバイトでは締日から給料が振り込みされるまで期間がかかります。

 

 

カードショッピングの支払い日までに間に合わない恐れがありますが、そんな時に便利なのが日払いのバイトです。すぐに給料が支給されるため、カードショッピングの支払い日までに入金できるようになります。

 

 

日払いバイトを探したい時はバイト求人情報サイトにて検索してみると良いでしょう。ただし高額な支払いが必要な場合は日払いバイトの給料だけで賄い切れない恐れがあります。

 

 

そんな時は、先ほど説明したリボ払いの変更といった対処方法も併せて実践すると良いでしょう。

 

 

品物を売って現金に換える

 

なかなかバイトをする時間が無い時は、現在持っている品物を売って現金に換える方法があります。ブランド品や高級腕時計など価値の高い品物ほど多くの現金に換えることが可能。

 

 

街の買取店でもネット上の買取店でも構いません。出張買取や宅配買取を提供している買取店もあるため、店頭まで出かけるのが大変な時でも大丈夫です。

 

 

まとめ

楽天カードの支払いに遅れるとどうなるのか、どんな対処方法があるのか説明してきました。楽天カードでは支払いに遅れるとカードが一旦停止状態となりますが、支払い完了後は再度利用できるようになります。

 

 

ですが支払いが遅れすぎると強制解約へなる可能性も含まれていますので、出来るだけ遅れるようなことは避けたいところです。また数回遅れただけでも信用情報に傷が付く可能性があります。

 

 

当然ですが放置するのは絶対にNGで、今後楽天カードを作れないのはもちろん、最悪放置すると督促状が自宅に届き裁判や強制執行へと進む恐れもあるのでカードの利用は気をつけましょう。

 

 

また支払いがきつい場合は、1回払いからリボ払いに変更するなどの調整をするといいでしょう。他にもカードローンなどの活用などでお金を借りる手段も考えておくといいかもしれません。

 

 

楽天カードに限らずクレジットカードを使う場合は、滞納などがないように計画して利用することを徹底しておくことが大切です。

関連ページ

突然楽天カードが使えない状態に…その原因をまとめてみた!
楽天カードを突然使えなくなった!という人も多いですのでその原因はどのようなことが考えられるのか、ここでまとめてみましたのでご参考にしてみてください。
楽天カードのエラーコードまとめ!恐ろしいエラーコード2とは?
楽天カードを使っていて表示されるエラーコードについてまとめて解説してみました。嫌なエラーコードですが意味を知って対処しましょう。
楽天カードの問い合わせはコンタクトセンターで!繋がらない場合はどうする?
楽天カードで分からないことがあった場合はコンタクトセンターというお問合せが可能なところがあるので知っておきましょう。また繋がりにくい時の対処法など簡単に解説しております。
楽天カードの再引き落とし日ってある?残高不足で間に合わない場合は?
楽天カードで支払いが出来なかった場合は再引き落としなどがあるのかどうか知っておくと役立ちますのでココで解説してみました。残高不足の時でも焦らずに対処しましょう。